カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩天楼カグラ

みことジャケ2



摩天楼カグラ powered by ピアプロ

『摩天楼カグラ』


雪は宵々 還りに募り 幾重の白死を埋めてゆく
彼等が綴った喪の語りを 残さず引き摺り連れてゆく

 ふわり ふわりと、その遺志は 一時の"if"として消えるけど

幸や滾々 鮮やかに舞い 夜空を死塚に埋めてゆく
流れた祈血の琥珀色が 生きてた証を示すやうに

 くるり くるりと、繰り返す 戦慄を畏怖として刻み込め

  来世と前世を繋ぐ道しるべ
  調律せし我が手の下 流転に咲け
  虚像に魅せられた世界の余白に
  縋る意味など 現世にはない

   忘却の果てに移ろいし 真実の手の鳴る方へ
   千年桜に纏わりし 複縦線を跨ぐ


 ゆらり ゆらりと、猶予うは 一時の"if"としての安楽か

  夢幻の持続音は やがて不協和を
  楼閣より導かれし 反響する
  幽玄の日と成りし 世界の余白に
  縋る意味など 無いはずだけど――

   残念無念の夜光虫 鈴音に誘われ落ちてゆく
   千年桜を祀ろいて 永久の耀きと成れ

  これは長い長い時間のお話
  何度でも繰り返し 手向ける蓮華
  囚われの姫君に贈るこの詩節を
  寂しくないように また、届けに…行くよ

-----------------------


友人が開口一番に噴き出したタイトル(及び曲名)はおいといて←

以下解説という名の駄文

続きを読む »

----------------------------
『夜』


相思寵愛 飯事為れど 万理の骨牌に興じて憩う
蓮華と雪路の合間を縫いて 懺悔翳ろう来世かな

闇を畏れよ 身体に刻め 輪廻に争うコトなど笑止
幾年経てどこの世は混沌 同じ化けなら楽しく行きよや


短いほんの束の間の夢
泡沫の祭を共に過ごせよ
修羅々…修羅々 御伽草子
修羅々…修羅々 祀り囃し
本能の儘 詠え騒げ 三言数え さぁ――

 さくら-サクラ 散り急ぐ為れ 悲しみは永久に美しく
 さざめき出した春の儀式 今宵は往き気色
 錯乱-錯乱 散り急ぐ勿れ 喜びはとうに失せにけり
 代わる代わる移り変わりゆく 命は幸化色



何を嘆いて何を償えば この苦しみは消せるのでせうか
何を願って何を唱えれば 慈しみは成せるでせうか

迎う既視に郷愁出れば 由も知らずに涙が溢る
されど空蝉は常に哀れ 別れを知りながら出逢い、愛す


短いほんの束の間の夢
この先 幾度繰り越す激情
修羅々…修羅々 御伽草子
修羅々…修羅々 纏り速し
巡る季節 廻る想い 幾つ数え 嗚呼――

 さくら-サクラ 散り急ぐ為れ 悲しみは永久に美しく
 さざめき出した春の儀式 今宵は往き気色
 錯乱-錯乱 散り急ぐ勿れ 喜びはとうに失せにけり
 代わる代わる移り変わりゆく 命は幸化色



修羅々…修羅々 御伽草子
修羅々…修羅々 祭囃子
巡る季節 廻る想い 幾つ数え 涙散らす

修羅々…修羅々 御伽草子
修羅々…修羅々 夜途戯如し
本能の儘 詠え騒げ 後悔せずやうに

 さくら-サクラ 散り急ぐ為れ 悲しみは永久に美しく
 さざめき出した春の儀式 今宵は往き気色
 錯乱-錯乱 散り急ぐ勿れ 喜びはとうに失せにけり
 代わる代わる移り変わりゆく 命は幸化色

 ひとつひとつ 思い出たちを 手繰り寄せるたびに傷付けど
 再び固く契り合いて 強靭な絆とせ
 刻の重み 想いはつまり 小さな肩へと降り積もり
 それはまるで桜の如し 儚く爆ぜにけり


椿が地に落ち 狐を依掻く

----------------------------

『凛として咲く花』

ねぇ 嘘だと言ってよ まだ 何も果たせてない
交わした約束の全てを “裏切り”に変えないで


最後の声が耳を 擽り留まっている
番う傷、拿獲して このまま塞いでいたい
悲しくも暖かな 思い出に包まれて
目覚めたあと目にしたのは…荊に這う蛻の殻

街灯に凭れ掛かる 夜桜の花弁は
紅く燻るココロ映す 血塗りの涙

美しく咲く… 水に焦がれた雨の運命 徒然に
誰より激しい飛沫を 弾く傘になりたかった
この未来に何一つ 救いが見出せなくても
それでも一緒に居たいんだと 言える勇気が欲しかった


最期の夜がずっと 明けぬまま続いている
証し岐路に看取りて 仰ぐ背は群先
全てを曝け出して 幸せを決め付けて
扉を閉めて去る間際…どんな表情をしてたのかな

外套を深く被る 夜桜の紋章は
高く撥ねる鼓動隠す 祈祷の紅

美しく咲く…見ずに焦がれた雨の運命 道連れに
誰より優しい笑顔を 守る楯になりたかった
引き止められる言葉だけ ただ必死に探していた
このまま一緒に居たいから …憎むフリまでしたのに


街頭を彷徨うだけ 残り香が消えてゆく
頬を濡らす後悔の尾が 切れてくれない

凛と咲き… 水に焦がれた雨の運命は断たれた
あんなに抱きしめてくれたはずの 奇麗な指先で
ねぇ 嘘だと言ってよ まだ 何も果たせてない
交わした約束の全てを “裏切り”に変えないで

-------------------------------

以下解説という名の駄文

続きを読む »

M3-2012秋当日!

えー、まずは言い訳から始めますと←

今まで8年付き添ってきたPCがついに限界を超えまして
いや、いちおうまだ稼働はするんですがスペック的な意味で今後きつくなるということで

ついにおにゅーなPCを8月に購入しました。


…ゆえに。

操作しずれぇwww
あといろいろ市販ソフトやらフリーソフトやらぶっ込む手間や
Windowsヴァージョンアップに伴う違いに戸惑いがあふれかえりまして


まぁつまりは女性ボーカルで頒布しようとしてたCDが間に合わないので
今現在も無料配布CDを製作しております。


相変わらずSproundはお休みなので
私のオマージュプロジェクトSphoundが

M3-2012秋 う-22b

に出展いたします。


一応こちらが新譜の無料配布盤です

みことジャケ2

謀オペラなバンドを強烈にオマージュしてますがあんまろぽくなりませんでした。
むしろジャンヌっぽいです。たぶん。

ボーカルさんに依頼する時間がなかったのでボカロの結月ゆかり嬢に歌ってもらってます。

あいかわらず妖狐×僕SSオマージュ作品です。
でもあんまし関係ないので知らなくても大丈夫です(ぇ)
歌詞でそれっぽいことかいてるだけで
とくに「オマエはSだ」とか「あなたのいぬになりたい」とか言ってないです。

まぁジャケからしてアニメに出てない犬神くんですからね。
…美少女マンセーなこの業界で少年描くとかどんだけだってね。

…まぁいいじゃない。好きなんだから。

そんな感じで無料配布してますので是非お立ち寄りください。

春には舞羽さんに歌ってもらうつもりですw(←ここで言うのかよ)
それに伴いミニアルバムを、今度こそ女性ボーカルで出したいと思います。

旧譜もあんまり好評じゃなく販売中ですので余裕があればどうぞご利用くださいw
旧譜の試聴はいちおうできます。

http://dearydiary.blog115.fc2.com/blog-entry-61.html

実際CDはミクじゃなく女性ボーカルなのでご安心を。


ではみなさん今日はお気をつけて。
私は最後の作業、ジャケ切り嵌め作業に行ってまいります。

でわでわ

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。