カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BONE TO LOVE

私は数分立ち止まってある一点を凝視している。
やがてそれをさえぎる二つの影。

「うわーこのネコかわい~。親子かな?」

せっかく、二匹丸まって昼寝中の子猫とネコを眺めていたのに邪魔が入った。
あわよくば写メを撮ろう、と企てていたのに。
いやそれをも忘れて見入っていたわけだけど。

でもそのかわいさが理解できるなら甘んじてその席を譲ろうじゃないか。

特別寒いわけじゃないのに寄り添うネコとそれを見つめる男女。
・・・その引力がどうか、いつまでも解けませんように。


。。。


恋も深まる朱の街路樹・・・とはいかない都会の中でも
公園には徐々に恋人同士か冬の足音が響くようになる。

コインランドリーに洗濯物をぶち込んで、持て余す時間。
煙草二本分の空白。

肺を満たす副流煙と、公園を満たすキレイな空気をブレンドさせながら
その噴出しに架空の言葉を並べて遊ぶ時間。

・・・たいてい溜息で終わるその穴埋め問題も
叙情的な白い息に変えてくれる季節が、今年もやってくる。

紫煙越しに眺める景色は目に見えて
落葉と北風が闊歩する準備を始めていた。


都会の秋は短い。


夏が残暑と名を変えて滞在し
そのくせ冬は暦の数字どおりにやってくるから
間に挟まれた秋は“なんとなく”通り過ぎるだけの季節になってしまった。

そのくせ秋を形容する言葉は多いから、やたらと濃度のある季節ともいえる。


私も芸術の秋とかこつけて、風景でも描きに出てみようか。
・・・スケジュールと要相談だな。


よし、今日は噴出しに望みの薄い未来図を描くことが出来た。
そんなささいな喜びを確認する頃には、
たいてい洗濯物はこんがらがったまま乾き始めてるんだけどね。

。。。

自分の頭の中も心の奥も、こんがらがったまま乾き始めている。
おまけに染み付いた汚れを落とすことなんて出来なくて
今頃煙草を摂取し始めた肺よりもどす黒い色をしているのだろう。

どうにかして洗濯できないかな。
そうすれば、また無垢な心を手に入れられるかもしれないのに。

。。。

私は恋愛は“所詮顔だろ?”と疑っている。
むしろどちらかといえば、自分に言い聞かせている。

だって、もし恋愛が外見じゃなく内面で選ばれるのだとしたら・・・

23年間恵まれない私は、それだけ性悪だということになってしまう!?
ということに気づいてしまった。

まことに遺憾である。
救いようがないじゃないか。

顔なら仕方ない!
でもこれからメイクとか整髪頑張ればナントカなるかもしれない!


・・・そんなことを眠りこけている子猫に目で訴えて、今日のクロスワードは完結した。

そんな他愛のない一日。。。


--------------------------------------------------------------


最近たまたま機会があって
ゲーム『AIR』と映画(DVD)『ただ、君を愛してる』に触れる機会があった。

どちらも若干旬は過ぎた感じだが、
当時は専門学校やらなにやらで忙しかったので着手できなかった。
でもその頃からかなり気になっていた作品である。

そして偶然、『AIR』のひとつ(佳乃編)のストーリーと映画に共通部分があった。
あえてそれが何かは言わないけど、
ヒントとしては『DEATH NOTE』の死神もある意味同じ設定。

まぁ、『AIR』のほうは別のストーリーの方が面白かったわけだけど(笑)

ただ、『ただ、君を愛してる』を見て、
恋愛が出来るのにしないのって勿体無いよなァって思えた。

人を好きになるってこんなに楽しくなれるものなのに。

それだけで人生に色が生まれるのに。

命を懸けてでもするものかもしれないのに。


なるべく大人にならないように暮らしてきたヒロイン。
そんな彼女が興味を持ったのは、少しコンプレックスを抱えた主人公。
ちょっと変な少女を何気なく納めた、写真を撮ることが趣味の主人公。
主人公の部屋の一片に飾られた、その写真をみつめて彼女が想うこと。

いつも言動の端々に嘘を混ぜて話す彼女が
おちょくるように返してた日常の会話。
「~がkissしてくれたら嬉しくて死んじゃうかもww」
「なーんだか幸せすぎて、今なら私死んでもいーw」

その言葉が写真展を眺めながら思い出されて・・・


そこに大塚愛の『恋愛写真』って曲がマッチしずぎてヤバイ面白かったです。
涙腺決壊♪

なぜだか微妙にhappy endじゃないのが私の嗜好のようで厄介だけど。


----------------------------------------------------------


そんなことをいつもの公園で高校生のカップルを眺めながら想う。

紫煙越しに眺める景色は目に見えて
落葉と北風が闊歩する準備を始めていた。

やがて雪が降り、聖と名のついた恋人達の季節がやってくる。
今年もきっとコンビニでケーキを渡しながら迎えるんだろうな。

・・・切ねー。


人はきっと恋をするために生まれたに違いない。
・・・それなら私は今なぜ生きていられる?
その意味は死ぬまでに解ればいい。
・・・死んだときに、その意味が解るだろうし。

それまでにやっておきたいことは山ほどあるし、
確実に今死んだら未練が残りまくって自縛霊になる自信がある。

生まれた意味にさえ背を向けてでも、私は歩みは止めないよ。
・・・寄り道はするけど(笑)


とっくにこんがらがったまま乾いてしまった洗濯物と心を背負って、
私は叶えたい夢へときびすを返す。


今はただ、自分の出来ることを。
求められるための、物(うた)を築きに。
スポンサーサイト

コメント

ふと読みいっていたよ。

うん、そういうふうに書けるのってすごいな。



ってか、その映画見たら号泣するかもなぁ。

おいら、今年は娘っちと過ごすわぁ~(o^-')b

恋愛=顔だったら・・・
僕はどうなるの(つд・)エーン
かなり特殊なケースになってしまうよ・・・orz

たまたま拾われただけなのか゜。゜(つД`)゜。゜

こんばんは。
また深夜におじゃまします。
深夜に来るにはやっぱりこちらが心地よいです。

少しずつ読み進めながら、全ての情景を頭に浮かべて、
いつもの「ぼ~っと」をしてたら、
短編集を読み終えた後みたいな気分になりました。
いろ~んな事考えてたみたいです(^-^;)

本を読む暇もない最近、
Hide-Acheさんの文章で「空白」タイムできて嬉しいです。

私は恋愛って「タイミング」だなぁ…って思って今まで来ましたよ。
内面でも顔でもなかったかな(笑)。
気が合う同士でもタイミングがイマイチで
付き合ってはいない、なんてケースもあり。
性格あんまり合ってないけど、
タイミングよくいい感じになってうまく行く、
なんてケースもあり。
どうでしょう??(^-^;)

でも、印象って何事においても重要ですよね。
そして、印象は髪型と眉でけっこう変わる!(持論!)(笑)。
先日の新しい髪形、かっこ良かったですよ~!すごく!

あ、あと、
前回は、心のこもったご返信ありがとうございました♪
またお返事を書き始めたらまたとまらなくなりそうで、
一旦こらえて(笑)、何度か読み返したり、
相方さんに連絡したりして喜んでました。

「声」は、生まれ持ったもの+気持ち、なので、嬉しかった☆
歌う事に関して自分がやって来た事、考えている事は
報われているんだな、って実感できました。
ありがとうございます m(__)m
じゃ、これからも苦しそうな感じで行きます(?!)

努力する事によって生まれる自信が魅力に繋がる
って、私はよく思います。
これからも輝いて行って下さい☆

>ポチ子さん

この映画はまずキャストが好みだったんですよ。
「のだめカンタービレ」ドラマ版の彼と
「NANA」映画版のハチのほう、って言えば解るかな?(笑)

最初はただの純愛映画かな?ッて思ってたんだけど
どうやら設定を読んでみると違うぞ、と。

結末を知った後にもう1回見直すと
各所の台詞の意味が解って、また一塩吹かせられて面白いですよ。

>クロネコさん

クロネコさんが顔悪いと思ってるのは本人だけですよ。

mixiでも、クロネコさんがそれを口にするとすぐさま否定意見がずらりと並んだじゃないですか。

そして、・・・あまり言いたくないんですが
私が同じようなネタを書いたときはクミぃくらいしか否定しないんですよ。
これがどういうことか察してくれれば嬉しいです。

>ツルさん

実は私は“洗濯中”とか“ホームで電車を待ってる”とか
意図したわけもなくぽっかりと空いた数分の時間
っていうのが結構好きだったりします。

何かをするには短すぎるし、何をしようにも次の行動が制限されてしまう。
そんなときは空想遊びに限ります。
一年に1回は、このコインランドリーをネタに一つ、
文章を起こしている気がします。
前回のを書いたとき、違う人から「心と物の洗濯、お疲れ様です」とコメントをいただいたのが、今回少しだけ元になっていたりします。

そういえばLagunaさんも、1stアルバムのフライヤに“空白”って言葉を使っていらっしゃいましたねw

私がさっきの状況とかでぽっと出来た時間を“空白”と称するのは
箱田真紀という漫画家さんに由来してたりします。
パク・・・じゃなくて、オマージュです(笑)

この空白。
普段忙しすぎてなかなか時間が取れないときでも不意に訪れたりするので
なんとなく落ち着ける不思議な時間です。
“急がなくてもいい”ってのを強要されたみたいな。
その空白の間に、忙しくて滞っていた思考が一気に流れ込んでくるので
それを忘れないように書きとめておくことが、最近の課題でもあります。
・・・つまりけっこうあとから書こうと思って忘れてるものも多いです(苦笑)

さて、恋愛ですが、タイミング・・ですか。
それなら確かに。
タイミング、どころか、機会が圧倒的に少ないことに思い至りました。
そしてそれが恋愛なら・・・
タイミングさえあればチャンスが・・・
む、難しいですね。。。
ま、羨んでるだけで焦ってはいないんで、気長に窺います。
↑絶対これが原因だと思いますが。。。

髪形と眉毛で印象が変わることは身を持って実感してます。
一時期、もう諦めて怠っていましたが、
今年の3月くらいからはあるきっかけがあってまた努力するようになりました。
そのきっかけだった例の“彼”にはまだその成果は見せれてないんですけど、来月11日にまた化粧する機会があるので、その日にでも会いに行ってみます。
果たして、今度は上手く逢えるだろうか。。。


ツルさんの声はいい意味でクセがない(と私は思ってる)ので、始めて聴いたときにスゥと入ってきました。
ちなみに前回あーは書きましたが、CDレックの際
一発で唄ってるなんて思ってないので安心を(笑)
あんな感じってのを言いたかっただけなんでw

ただ、私が好きなアーティストは一貫して
バラードでも、ハードな曲より叫んでる?
って程の“慟哭”をしてるので
・・・そういう音楽ってやっぱり歌詞もいい。

私の夢は
「いつか自分が死んだときに身内以外の人を泣かせられる人間になる」。
つまり第三者にまで感動を与えられる作品を残す、ということなんで、
それが達成できるまで死ぬつもりはありません。
邁進に努力厭わず。無論死ぬまで。

ツルさんも、普段からも充分魅力的な女性ですが
きっと唄ってるときが一番輝いているときでしょうから
少しでも長くその輝きを近くで見ていたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/9-5c18549c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。