カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAPER TIGER

人は傷つける手段を持ちすぎている。
だけどどれが相手の急所を貫けるかまでは把握できない。
不用意な発言が逆鱗に触れてしまうことも少なくない。

笑顔を絶やさない人が悩みを抱えていないわけはないし
日の当たる場所に立っているはずの人間が努力を怠っているわけでもない。
暴力でカタをつける人が誰にも心を開かないとは限らないし
普通に暮らしている人間が必ずしも平坦な道を歩んできたとは思わない。

理性的な人はそれすらも隠すから、真相は読み難い。


抜本的に嘘をつく人間というのは
他の人も嘘を付いていると考えるもので
根本的に他人のことを信用しない傾向にある。

騙される前に騙してやれ。そういう思考に陥るのだろう。
優しくされてもそのウラがある。信用してはいけない。

そうして自分で自分をささくれさせてゆく。
その棘はやがて近しい人にほど凶器になる。

そんなんじゃ巻かれるべき長いものにまで不快感を与えてしまうぜ?
 

見栄というものも大概において厄介なものである。
相手に負けたくないという想いが虚栄心を生み出して
物“騙”るほど自分に催眠をかけるが如く
いつの間にかその人の事実に置き換わる。

いつしかそんな強固なハリボテを盾として
自分は誰にも責められるべきではないと考え始め
時としてそれは強大なカリソメの矛として
相手の誰もが自分ほどの苦労はしてないと決め付ける。

見掛け倒しのプライドで威圧する。
その考え方はほとんどの人にとっては窮屈で鬱陶しいものだ。

ハリボテを強靭にすることだけに邁進するあまり
いつのまにか孤立していく自分の姿に気付けないほど
周りには自分で生み出した陰影が覆い被さっているだろう。
カリソメの人間関係に縋りつくほどに
関わられた側の人間は自分の事を見下し始め
結局肝心のところで頼りにされず、一定以上の情にまで深化してくれない。

ほんとはそれに対してもどかしがっているという自分に
まだ気が付かないつもりかい?


-------------------------------

【A≦nd crash!!】
song from wyse

-----

壊れるくらいの空想の中 非現実な街の片隅で
そう いつかはきっとこうなるとわかってたんだ
両手ですら隠し切れずに 溢れ出そうなオマエの黒い涙に
まだ気が付かないのかい?


なんだかんだ言ったって 同じこと繰り返すんだろ?
愛をどうこう言ったって 嘘になるんだ

A≦nd crash!!

辛くてcryな現実だから 非現実的な街の片隅で
そう こうなることは初めからわかってたんだ
ニヤリと笑うオマエの顔は いつかはきっと周りを傷つけるから
…まぁ気付きゃしないんでしょ


なんだかんだ言ったって 同じこと繰り返すんだろ?
愛をどうこう言ったって 嘘になるんだ

A≦nd crash!!


ゆらゆら揺れる幻覚の中 非現実的な街の片隅で
そう 簡単なことさ ■■■を突き刺せ I×S×S×

A≦nd crash!!

言われるがままにしか生きれないオマエに
10年 20年後も変わらず自分を守りきれるといえるのかい?

誰かに任せた安っぽいその声で
心の奥底にある何かを伝え切れているんだと

オマエは言えるのかい?


------------------------------------




…もうそろそろ気付いてもいいんじゃないかな。
どこに行っても変わらない現状に。
悪いのは周囲じゃなく自分だってことに。
自分の中にあるはずの常識は、実は他の人にとっては非常識だってことに。

その好奇心を模した虚栄心が
狭心に至るということに。

ほら、自分を苦しめてるのは誰なのか。
その状況を生み出したのは誰なのか。
まさしくその胸-ココロ-に聴いてみろ。


自分が経験してきたという窮状を
他の人が経験してないとでも思っているのかい?

辛いのが自分だけだと
ほんとにそう思っているのかい?

そう、今も纏っている鎧は
「矛盾」でしか成り立っていないんだよ。

そんなに自分が尊大で絶大で絶対なら
総理大臣にでもなればいい。

見掛け倒しのプライド。
仮面を纏うのは、自分が醜いと曝してるようなもの。

もしも…
開き直るなら
そのことを強要してはいけないし
目が醒めても
そのことを後悔しなくてもいいから

過ちが間違いじゃなく
正しいことが真実じゃない様に
違うことを違うと認めて
正しいことを強制しないで
ヒトの心まで矯正しないで。


----------------------

【Adult Children】
song from 摩天楼オペラ

------

濁りきったその目で
俺を見んじゃねぇ
お前はお前しか見てやしない

即席だらけのルール
曲げられねぇプライド

総理大臣にでもなればいい

狂ってるのは賢いお前さ
自分の庭で吼え続けろ

can you funkin' feel me


原作脚本主演
お前は何役やるの?
そんな大変そうに息切らして


得意そうな愛想笑い
どこまでも愛想笑い
いけない こっちまで笑わせないで

そんなお前も人を愛すなら
きっとそれがこの素晴らしい世界

can you fuckin' feel me


狂ってるのは賢いお前さ
自分の庭で吼え続けろ

そんなお前も人を愛すなら
きっとそれがこの素晴らしい世界

can you fuckin' feel me


-----------------------


なりふり構わず走り続けて
限界を超えるスピードで振り切って
きっと君は見えていない。

もう既に、誰も着いてきていないことを。


…もしくは、

誰かが側にいて、手を差し伸べているということに。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/56-c2527b12

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。