カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【風にのって】
song from JanneDaArc

--------------

そっと 風にのって 白い花と 祈りを届けたい
きっと 星が舞って 空の彼方 また新しい・・・命生まれ・・・


  暗い海を漂う 少年
  波が唄った子守唄 街を眠らせた

  南の島から かすかに流れたレクイエム
  夢も想い出も 願いさえも・・・・・呑み込まれ

そっと 風にのって 白い花と 祈りを届けたい
 目眩がするほど青すぎたあの空・・・・

  悲しい色した雲が流れて
  溶けた時間は過ぎてゆく ほら砂のように

  いつか この街に また子供達の笑顔が
  戻ったとしても あの子はもう・・・還らない

そっと 夜をまって 一人になって 父は静かに泣く
 寄せて返す波音ただ悲しくて・・・・
 涙散って 母は海へ あの子を追いかけて
 茜色の空 流れてしまうから・・・・

ずっと 夢に眠り 夢に生きる 幾つものともしび
 誰も居ない海 目を閉じ 安らかに・・・・
 鳥が唄い 緑が咲き 時代が流れても
 12月の空 忘れはしないから・・・・

もっと 風を下さい 強い風を あの子の魂が
 高く昇る様に 空へ還れるように・・・・

 風にのって 白い花 と祈りを届けたい
 目眩がするほど 青すぎたあの空・・・・


世界中のこの祈り――――届きますように


--------




原曲はスマトラ地震へと唄われたものですが
今の被災者のヒトにも響くと思います。


私も岩手出生で、実際被災した場所もとても馴染みのある名前でした。
私が今どれだけ慰ようとも、少しも慰めにならないと思います。

ただ、祈るしかできません。

今住んでいる場所は比較的被害が少なかったので
今現在でも友人に遊びにも誘われるのですが
とてもそういう気分になれなく、
またその心中を伝えたい気持ちにもなれず
大概はまず断りますが、強く誘われたときは
本来楽しむべき場所も曖昧な苦笑いでお茶を濁すだけになっています。

少なくとも、一週間程度では娯楽を不謹慎だと思わないことはできませんでした。
…ネット開いて音楽も聴いてるので五十歩百歩ですけどね。


何とは言いませんが、
興行で元気をあげたいと強行するスポーツがあるそうですが
物理的に今被災者に届けなければいけないのは
元気より電気だろと思う自分が居ます。

3000世帯分の電気を消費してまで
(たとえそれを6割に減らしたとしても1800世帯だ)
届けられるものって食べ物より大事かな?

逆に新聞では、
避難所で嘆く老人に「僕らが大人になって必ずこの街を元通りにしてみます!」と励む少年や
電気も暖もなく闇だけが蹂躙する空を見て「街が暗すぎて星がものすごく綺麗だ。みんなしたじゃなく上を向こう」
と瓦礫の中から希望の一片を拾い上げる様を伝えてくれる。

ついさっきは
亡き父の遺品からホワイトデーに用意されたと思しき指輪を発見した
という記事を読んでひどく感涙したものだ。

そりゃ新聞が出来上がるまで幾分も電気は消費してるだろうけど
ネットも同じくらい消耗してるだろうけど
その興行よりは勇気を与えてくれるに違いない。

もちろん、精神的な救いは必要だと思う。
私にとってそれが音楽だというだけかもしれないが
明るい情報や、応援する意志のある人の存在というものは
きっと勇気になる。

生きていけるだけの情熱になる。


現実的に被災者に対して自分に今できることはなく
せめて私自身はストレスを増長・伝染させないように
つつましく且つ健やかに過ごし
帰郷命令が出てる中国人の穴埋めのためにバイトに奔走するくらいで
ただ復興を祈るばかりだ。

きっと貴方もそうだろう。


余震はいまだ続いている。
それでも、日本はきっと蘇る。

昨日震災後初めて電車を利用したが
いろんなところで節電してて
日本もまだまだ捨てたもんじゃない、と
最初から思ってたけど再確認できた。


夢も想い出も
土地も生命も
失くしたものは二度と戻らない。

それでも、今生きてる者はそれを覚えているから
私は、忘れはしないから
希望の一片でも見えたなら、それを握り離さないで。


世界中のこの祈り――――届きますように
スポンサーサイト

コメント

ここにコメント欄があった事を今初めて知りました!(笑)
不都合だったら削除して下さいね。

私も同感で、
あの震災直後で遊ぶとか、
正直ちょっと神経疑います…(たとえ友達だったとしても)
同じような事を日記に書こうかと思ったんですけどさすがに自粛。。。(汗)
(オブラートに包んだ表現で書くかもしれませんが)
だからHBさんもわざとこっちに書いたのかな、とか思ったり。

買占めだとか窃盗だとか義捐金詐欺だとか、
信じられないような事件も起こっていますけど悪い事件ばかりじゃない。
生き残った私たちは、
大きすぎる犠牲を無駄にしない為に、
明るい未来をつくっていかなきゃと思います。

>夜月さん

…いつも的確に伝えたい部分を汲み取っていただきありがとうございます。
結局mixiにも似た内容のものは書きましたが、
毎回、確かに
本音というか、ほんとに思っていることとかはこっちに書いてます。

震災直後はむこうのヴォイスも逐一チェックしてて
みんながんばってる、嬉しい光景だなと思ってたんですけど
最近は「喉元過ぎれば」とでもいいましょうか、
もう大概自分の不憫の主張ばかりでね、吐き気がします。

今でもね、ほんとは誰にも誘われたくないんですよ。
部屋にも誰も来て欲しくない。
でももしかしたら独りでいるのが怖くてこうして身を寄せてくるのかな?
とか少しでも思ってしまうと、無碍に断るわけにもいかないかなとも感じてしまって、一応は招いたりするんですが

…やっぱり後ろめたい。

新聞読んでは、
こんな無責任な自分が流していいはずもないんだけど
助かった命、助からなかった命、両方に対して涙する毎日です。


そう、悪い事件は当然許せないけど
夜月さんの言うとおりいい情報もいっぱいある。
“チェーン外秘”なんで詳しくはかけませんが
私は今の勤め先のクルーであることを
今回はものすごく誇りに思いました。
ちょっと信じられない額の義援金とポイントが集まってます(笑)

商品がこないことをお客さんに不満がられても、私は胸を張って謝ります。
-おまえらが今回くえなかった分だけ被災者の腹が満ちるんだよ-
そう瞳に湛えて。

芸能人でもアーティストでもないちっぽけな俺たちにできることなんてほとんどないけど
今は被災した人たちの代わりに笑って
いつかその笑顔を彼らに思い出させるために

俺たちは一生懸命生きる義務がある。
あくまで、必要最低限の資源で、ね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/54-65bda267

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。