カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A woman to see off

『The last song -試作 B.type-』

作曲:未由雨 作詞:Hide-αche

---------------------------------------

「また会えるよ」「約束する」綺麗な嘘を紡ぐ
「愛してる」と 幾度となく 囁いたその口で

このまま泣いてしまえたら 引き止められたのかな…?
溢れる涙 飲み込み


さよなら。君に出逢えて 私は上手く笑えたから
最後にもう一度だけ 長い接吻を下さい



いつのまにか この小“指”に絡まった糸を解く
縺れてまた繋がるから 力任せに“切”った

滲んだ朱を辿ればもう引き返せない、だから
指切り/別れの儀式


旅立つ君に贈るよ 慣れない声さえ集めて
未来の型を縁取る 道標に為ればいいな…




最後の泡沫の夢に 向かう君の背中は
最後の打たれた雨さえ 恵みになるのでしょう

言葉にしたその瞬間に 生じるだけの逡巡だから
二人は 顔も合わせず


さよなら。君に出会えて 私は上手く笑えたから
さよなら。いつかどこかで。 自分に言い聞かせるように
旅立つ君に贈るよ 慣れない声さえ集めて

「ありがとう。また出逢えたら…」
二度と叶うことのないLove song…


------------------------------------------


10/31のM3にて配布された
「ETERNAL WIND」
に収録された
「the last song」
の原型の歌詞パートⅡです。

どう変わったかはお手元のCDを聴いてみてください(笑)


未由雨さんがラブな詩を嫌うのはわかっててわざと書いてみた詞。
まぁ予想通りの結果になりました。

2番のAメロBメロに私のクセがまるまる出てる気がします。
小指に繋がるという赤い糸を物理的に比喩した感じなんか特に。
指を切って指を切るとかも。

あと3番Aメロも私色。
「最後の歌」と使わないで
「さいごのうた」に聞こえるような配置とか。

こういうのを、俗に自己満足といいます←

AtypeとBtypeで男性視点⇔女性視点で描くとか
ほんと無意味なお世話(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/46-6b418ca1

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。