カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The VOICE

音楽に力学的な質量は存在しない。

それでも愛されるのは
ココロに作用するという、極めて精神的なもの。

届くか否かではなく、届けたいという気持ち。
受け取るというよりも、響くという体感。

作曲するとき、どんなことを考えているかはわからないけど
私は今日も胸に響く音楽を求めて、新しいメロディの中を泳ぐ。



人は歌うとき
自分以外の人へ向けて歌唱する人は、実はそんなに多くないと思う。

ラブソング。
「あなたへ」届けたい気持ち。
それは自分の想い。

ロックやパンク。
「世間への」反感。激しい衝動。
それも自分の想い。

ヒーリングやイージーリスニング。
「不特定多数」を癒せる数字の音楽。
それは“そういう”存在の音。

実際はどれも聴き手の解釈によって共感や癒しを得られるし
私自身もそうして音楽を楽しんでいる。


けれど、ごく稀に
なにか辛い状況に瀕している人へ
直接音楽を届けに行く人もいるという事実。


その行動は
食料を届けたり金銭を支援したり復旧作業に参加したり
直接的な解決ではないのかもしれない。

でも音楽はココロを救える素敵な素材。
ましてや商業的な利益を目的としない音楽は
何物よりも崇高だと感じる。

「あなたを」救いたい。
チカラになれないかもしれないけれど
「ワタシの気持ち」を今伝えたい。

それは必ずしも望まれた救いじゃないかもしれない。
でも、それでも、手を差し伸べたい、
そういう強い思いを感じる。

だからそういう慈善活動を目にすると
そのアーティストを応援したくなってしまう。


…自分が出来ればいいんだろうケドね(苦笑)
でも、自分が出来ないことをやってる人はやぱり尊敬できるし
この考え方は間違ってないはず。


誰かのための歌。

そんな数少ない楽曲に出会えたら
それは素敵なことだよね。

とりあえず、100万枚売るために作られる音楽よりは
胸に響く楽曲に違いない。


まぁそもそも、作曲事態を楽しいと想う気持ちを忘れてる場合も
あると思うけどね。

作曲するとき、どんなことを考えているかはわからないけど
どうして自分が曲を作ろうと思ったのか
そのことを時々は思い出して欲しい。

楽しいなら
その原動力ってなんだっけ?
苦しいなら
そうしてまで伝えたいことってなんだっけ?

もちろん音楽だけじゃない。
私だって
こうして絵を描いたり詞を書いたりするから
他人事じゃないし。


私自身、誰かのために活動してるわけじゃないけど
…誰かにこの想いが届きますように。

手段は別に問わないから
アナタも声を届けたいという気持ちを忘れないように。



そんなわけで、KOKIAというアーティストを尊敬します、という内容でした。
KOKIA聴いた後だと、ちょっとそこら(一部)のJ-POPってとっても汚れて見えますね(笑)

特に最近、歌詞に「側にいて欲しい」ってのが多い気がするけど
自分が誰かの側にいようとまず思ってるのかい?

待ってるだけじゃ置いてかれるぜ?
それがいやならそこでうずくまってないで
立ち上がって追いかけてみよう。

同情の顔を浮かべるだけかい?
少しでも救いたいと思うなら謳うだけじゃなくて
手を差し伸べてみよう。

そんな精神で。

結局どっちも自分に言い聞かせてる台詞です。


KOKIAとより子の音楽を聴きながら
醜い自分と見つめなおしてみたり。

結局自分を救えるのは自分だけだから
こうしてココロを勇気付けてくれる音楽を、私は愛してる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/35-f597be82

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。