カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月の最後なので連投で。
というか前半サボったので(苦笑)


先日久しぶりに“jungle smile”の“おなじ星”という曲を聴きました。

にわかにニコニコ動画では90年代ポップスがにぎわい始め
偶然にもこのPVを見つけて嬉しくなって再生した次第です。

私はV系に目覚める前、つまりJanneDaArcに出会うまでは
普通の同級生と同じようにポップスを好んで聴いてました。

(まぁ、高校の時はツェッペリンとかメガデスとかギター(だけ)がやたら目立つ洋楽も流行ってましたがそこはおいといて)


思えば90年代は男女二人組みがやたら多かった気がします。
私が聴いてたのは

Every Little Thing、My little lover、Do As Infinity、PAMELAH、Favorite blue、TWO-MIXとか・・・そしてjungle smile。

でもジャングルスマイルはこの中でも異端なイメージでした。

なぜなら・・・歌詞が鬱っぽい(笑)


当時はそこまでは思ってなかったのですが、
今改めて読み解いてみると、結構救いが無い内容のものが多かったです。

むしろ今の時代にこそ有線で流れてほしいと思うテーマが散りばめられて
いい感じに気分が落ち込みます。

私が当時好きだったのはさっきの“おなじ星”と“16才”って曲なんですが

“抱きしめたい”もしくは“祈り”この辺りの歌詞が重いです。
・・・重かったです。今やっと歌詞の内容がわかりました。

且つ、共感できてしまう自分。


聴く気が失せることを前提として書きますが
“抱きしめたい”は
欠点だらけの自分が長所だらけの人を羨んでその人が悩んでることに気づかずその人の・・・を止められなかったこと。
“祈り”は、これは歌詞が不鮮明だけど、おそらくもうすぐ・・・してしまう自分と一番近くにいる誰かとの思い出を思い返す感じ。


まぁ、探せばそういうテーマを歌った曲はたくさんあるでしょう。
ですが、ジャンスマはそこに感情が宿っています。
当時から耳に残る歌い方だなぁって思っていました。

調べてみたらボーカルの方は身体が弱くて何回か活動休止しているようですね。
そしてファンからは“命を削って歌っている”といわれるほど、力んで歌っているようですね。

だから -ここ- に響くのか。

噂では“抱きしめたい”は実体験を歌詞にしたようです。
そしてジャンスマは歌詞から楽曲を制作するという、今の邦楽では珍しい手法をとっているようで。


…だからとくに思い入れが強かったのかな。


女性ボーカルで、感情を特化した歌い方をするアーティストは多くないと思います。
やはり男性ボーカルに比べて、柔らかく美しい音色であるので
ロックな曲に合わせてもポップに聴こえるという特徴を持っています。(ジュディマリとかハイカラとか)

とくに喜怒哀楽のうち、マイナス感情は“醜い”感情であり、
きっと拒否反応を示すリスナーもいるでしょう。

だけど、だからこそ、私には耳に残るし、胸に響く。


ジャンスマを聴きなおして思ったことは、奥田美和子に似てるな、と少しだけ思いました。
奥田美和子は私が今好きなアーティストに上げている一人です。

弱々しい本人に対して、楽曲はどちらかといえば悲しい旋律で
でも歌唱は叫ぶように、泣いてるように、鳴いているように。

“怒”の表現者であるCoccoやより子にも通じるような、痛々しさ。
・・・の中にある優しさ。容しさ。


あぁ。やっぱり昔からそういう声が好きだったんだなァ。


と、自分のルーツを見た気がしました。

音楽を古く感じない、音楽は色褪せない。
そういう楽曲と出会えるからこそ、出会えているからこそ、
いつまでも邦楽と日本語の歌詞を追い求めてしまうのかなと思ったり。


日本万歳。



尚、この男女二人組みというスタイルは
昨今インディーズに多い気がしますね(笑)

fripSide、marble、my sound life、vin-PRAD、reset、real-rubbit fur、AYA+RD、デンカレ、
メジャーだけどsavege geniusとかangelaとか樹海とか・・・

・・・そしてLagunaさん。

なにか共通性があるんでしょうか(笑)
逆はあんまり見ないし。

そんな二人組みをこれからも支援いたしますw
・・・って音楽ばっかですね今月は。

(だって寝てるときって音楽しか楽しみがないじゃない)
スポンサーサイト

コメント

あー!!!
ありがとうございます。
真剣に読んでたら名前が出て来てびっくりしました!
しかも、さんをつけて頂いちゃって恐縮です。
今後ともよろしくお願い致します。

ジャンスマさん、耳にした事はあったのですが、
きちんと聴いたのは今回が初めてでした。
歌詞もばっちり読みましたよ。
相方さんも新曲でやっていましたが、
「歌詞先」って難しいけど気持ち入りますよね。
歌のみ担当にも「歌詞先」はずっしり来ます…。

前にも書きましたが、欝っぽいの好きは私もです(笑)。

>ツルさん

えっと、まぁ、基本的には敬称略なんですけどね。
なんかさん付けに慣れてしまって(笑)

あ、聴く機会があったのですね。
あまり知名度のあるアーティストではないのですが
好きな人はすごい好きみたいで、今でも聞いてる人が結構いるようです。

歌詞を読むリスナーが少ないので、やっぱり曲先が常なのは否めませんが
やはり歌詞に力があると、それだけで私は耳に留めてしまいます。

やっぱり歌い手側も感覚が違ったりするんですね。
それでもしっかり消化して昇華するツルさんを尊敬します。
ジャンスマ・・・今更アルバム揃えたくなってしましたw

鬱だけしか歌わないアーティストは嫌いですけどね(笑)
でも明るいものだけだと偽善的に感じてまったく説得力に欠けるんで、
ヒトの感情に訴えるならこういうマイナス面もあるべきだと思っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/27-643818fe

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。