カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たおやかな恋

昨年の12月くらいから、巷を賑わしている“初音ミク”のオリジナルソングを聴いてます。

始めは機械が歌うとういことで抵抗があったのですが

思ってたのより違和感が少なかったのと、
思ってた通り声がかわいかったのと、
思ってた以上にクオリティが高いのとで

今やオリジナル新曲は片っ端からチェックするようになってしまいました。

私は他の人ほど邦楽に対して絶望感は持っていないのですが
さすがにチャートを賑わしている楽曲のほとんどに
アイドル性を重視した風潮を感じたり
売り方がえげつなかったりという惨状があることを否定できません。

具体的な個人的意見に置き換えて言うと
歌詞に内容がなかったり、タイプを分けて数通りのCDを販売したり。

まぁ、自分が贔屓にしているアーティストにも後者が当てはまってしまうのが悲しいところですが(苦笑)


ところがニコニコ動画に投稿されている初音ミクや鏡音リン・レンを使った楽曲は
まずお金が絡んできません。
逆に投稿する側が被っているとも言えます(笑)

そして素人であるが故に
楽曲に対する想いはプロより込められていると客観的に思います。
そこに商業的な“成功”を納めることが前提されていないから。

されど素人であるはずが
プロ顔負けの編曲をかましてくれたりして驚かされっぱなしです。
セミプロ、というか、音楽理論の知識は一通り揃えてる人が多いのもまた事実なので。


といっても、聴いてる私が素人も素人なので
あくまで個人的な感性にまかせっきりになってしまうんですが
かなかなどうして、まったく市場の音源と聴き比べても勝るとも劣らずの楽曲も見受けられたり

逆に今の邦楽ではなかなかお目にかかれない曲調
例えばボサノヴァや重度のテクノ、ハウスミュージック、または昭和歌謡等
聴いててまったく飽きさせません。


さらに歌詞について。
むしろこっちが私がVOCALOIDに肩入れする理由なのですが
媚びや売り上げを気にする必要がないせいか
作者の“伝えたい”想いがダイレクトに込められてる気がします。

そりゃあすべてがノンフィクションじゃないし
ほんとに作者がそう想ってるのか、もしくはコチラがそれを上手く租借できているのかはわかりませんが
とにかく読んでて聴いてて、面白いです。

黒夢に言わせれば“垂れ流しのJ-POP”。
右から左に流れるようにまたく歌詞が頭に入ってこないものが多いという点では
私は共感しています。

でもここには、ふと読み解きたくなるような歌詞がいっぱいある、
思わず最期まで聞きたくなるような変調がある。

あまりプロのひとが多用しないようなアレンジを
インディ-ズ故に、インディーズながら、やってのけてしまう。

この事実は音楽鑑賞が趣味、むしろというか呼吸の一部と化している私にとって
適度に刺激的で、どうも中毒症状にも似た感覚を味あわせてくれています。

素晴らしいぜボーカロイド。
・・・の調教者達(笑)


ちなみに私はミクの声の方が好きです。

個人的に応援している中堅Pは
・あわあわP
・マチゲリータP
・スイーツ(笑)P
・samfree
・seleP

有名Pはほぼみんな大好きです。
ていうかゆうゆPを中心にみんな仲良くてなんか関係ないのに嬉しくなりますw

>小林オニキス 氏による サイハテ
>トラボルタ 氏による ココロ

には泣かされました。

意外と感動できる環境に戸惑っています。

そんな、毎週火曜日は「週刊VOCALOIDランキング」通称:ぼからん
が楽しみなHide-αcheでした。


・・・それにしても弱音ハクがかわいすぎる
スポンサーサイト

コメント

気になってました初音ミク。
勉強になりましたよ~、ホントに。
オリジナル曲についてのくだりが特に、です。
声もなんだかちょっとだけ聞いた事はあるんですが、
かわいいし、思ったより自然に歌えていてすごかった!という印象です。
女性ボーカルものJ-POP好きとしては、はまっちゃいそうなので、いつか落ち着いたら調べてみます!!
昭和歌謡風気になるなぁ。

>ツルさん

まぁでもあくまで私はヒトが歌った方がいいと思いますけどねw
ただ人間にはどうしても難しい音程とか譜割りでも歌ってくれるので、そういう意味ではうたものとしての限界を凌駕したというか(笑)

昭和歌謡は面白いですよw
もれなく“おっさんホイホイ”のタグがついておりますが(笑)
ほんとに、いろんな曲調があって、
いかにJ-POPのランキングが商業目的か浮き彫りになった気がします。

・・・っていってもミク関連も再生数多い少ないがあるんですが、
それでも製作者が揚々と発表してるのに
視聴者としてなんだか嬉しいものを感じます。

音楽を作る人ってやっぱりそれだけでスゲーと思います。
それが純粋であれば尚更。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/26-d06dd7a4

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。