カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brotherhood

いつものように、突発的になぎさとカラオケに行った帰り道のこと。
コツ、コツ、と、二人分のブーツの音が乾いたコンクリートを調子よく小突いている。


そういえば、こいつは品川を離れて一年半で、姿形が驚くほど変わってしまった。
それは、長らく俺と影胞子が望んでいた姿でもある。

今までまったく服装の装飾に興味がなかった彼を変えたのは
この日一緒にカラオケに同行した、なぎさの元同僚で今でも交友が続いているKくん。

実は、俺と影胞子で「元がいいんだから格好くらいちゃんとしろよー」とけしかけていたのとは違い
K君が自ら理容バサミを取って、実行に移した、という経緯の賜物なのだ。



友達、という存在は、時として人生(みち)の方向を変えることさえある。

俺自身のこの音楽への執着心も、中学の頃の友人とともに培われたものだったりする。
彼とは学級と部活動を共有し、プライベートでは俺を始めてカラオケに連れて行ってくれた。
今の週一でカラオケに行くようになったのはもっと後だけれど。。。

俺の部屋を埋め尽くす漫画にいたっても、小学生の頃の以下略。

俺自身もきっと、誰かに何かしらの影響を与えたこともあっただろう。
・・・そのあたりは影胞子にあとでゆくり聞かせてもらおうかな。



自分の未来に恋愛の二文字を想像できなくなってから今年で四年目。

然も変わらず律儀に暦どおりにやってくる鈍痛が空の色をモノクロームに仕立てる中
中学生の卒業アルバムに綴った「Friend is my Treasure」はますます太い文字で更新されていく。

カラオケの後の帰路。今年も雪のない年の瀬。
元旦に帰る予定のない二人は、地元の友達の話で盛り上がる。

カラカラの声はカラオケのせいでも冬の乾燥した風のせいでもない。


「結局、基本的に自分から行動はしない。でも寂しがりや」

それが二人の共通点なんだと思う。
とくに特技があるわけじゃないけど、友人の数と質がハンパじゃない、
それが二人の唯一の共通点だと思う。

「そういえばオマエからカラオケに誘われたことないな」
気づいたように言われた。

実際自分から遊びの収集をけしかけることは4年前から止めている。
でも誰かと繋がっていたい。それが現況を生んでいる。
mixiで少し多すぎるほどの友人と、その彼らと会う回数。

それはまさしく「誘わなくても誰かから誘われる」という状況。
ぶっちゃけあまりかっこいい姿とはいえない。
でも、、、寂しい。
でも、人を誘う勇気が復活するメドもない。
いつまでもあの失敗が尾をひいている。
どうにかして赦されない限り、それは途切れる気配もない。

・・・、赦されようと思ってる時点で、許されるわけないってことは解ってるけどね。

でも、そのネットワークを通じて、いくつか解消できた心の問題もあるんだ。
それは年下のヤンキー風の主婦の言葉だったり
それはネガティブすぎるネコとの会話だったり
それは3年はまともに会えない女装野郎の行動だったり

ずっとコンプレックスだったのに「キレイな瞳をしてますね」といわれたこととか
性格が悪いと自他共に評判だったのに「その考え好きですよ」といわれてみたり。

実はこのブログを立ち上げたのも、とある偏屈さんの影響だったりするし。

反響するには障害物が多すぎるこの世の中で
俺の胸には友達の声はよく響く。
それは会って出来た繋がりでも電波を通じて出来た繋がりでも遜色なく。
例え騙されたとしても本望。

今は未だ、誘われること=必要とされてる、と勘違いしているところだけど、
いつかその感謝を返す日がくればいいな。
ほんとに必要とされる存在になりたい。
それはもう、葬式が盛大に行われて、会ったこともない人にさえ涙を流させるような。

・・・まだまだ叶えられそうもないけど
だから今はこのわずかながらの笑顔でゆるしてくれ。






・・・でも

「俺、セーマとか突撃少尉(地元の頃からの友人@東京在中)ですら自分から誘わないもん」
自重めいて笑う俺。

そのあといくらか軽口を交わした後のなぎさの言葉

『オマエはもうなんだか友達って感じじゃねーけどなー』

おれもだww



・・・爆笑してしまった。

部屋にはノックはすれど返事を待たずにこじ開けるし
平気で「オマエ」で読ぶ上に「バーカ」って浴びせる確率が高い。
仲がよければよくなるほど毒素を増す俺の舌は
常に攻撃的且つ挑発的で反発的だ。

友人と親友を区別する「フリッパー思考」を持ち合わせてるつもりはないけど
だからこれは、、、なんというか

兄弟的感覚。

笑うことさえめんどくさがる俺だから
二人のときはほんとにケンカを売ってるよう。

でもそれがここちいい。

ま、本人の目の前じゃ間違っても絶対言ってやらないけどね。

残念ながら、あまり笑わなくて、毒が強いのが俺の一番の素だから
それを想像できない人はもしかしたら仲がよくないのも知れない。

そういう人は、この文章を見て一人称にまず違和感を覚えるかもしれないねぇ(笑)




いつものように、突発的になぎさとカラオケに行った帰り道のこと。

今日もなぎさのことをひどく小馬鹿にしながら
少し遠い北海道の空を思った。

お互い地元帰ったら、高校の頃、家族より多い時間を共有した家で会おう。





P.S.

あ、今年は青森帰んねぇんだった
スポンサーサイト

コメント

そういう関係羨ましい(*´艸`)+.゚
僕はもう何だか゜。゜(つД`)゜。゜

久し振りにmixiのみんなと遊びたいよ~(泣)

なんか、

おいらとあさちゃんみたい~(*´∀`*)

うちらのやりとりも傍からみたら喧嘩してるような感じの時があるし☆

もう10年以上の付き合いだけどね。

あさちゃんと遊ぶようになってからヴィジュアル系を知ったし、mixiをやったり、ライブへ行ったり☆

彼と出会ったのも。
今のあたしになってるわけで。

本人の前では言えないが、感謝してるんだよね。

ってか、えいちびぃさんと逢ってないなぁ~。

カラオケ行きたいわぁ~゜+。(*′∇`)。+゜


こんばんは。
最近コメントごぶさたですみません。
でも、いつもじっくり読ませて頂いてますよ。
リンクもきちんと見たり聴いたりしに行ってます!(笑)。
こちらのBBSのレスにも書いたのですが、
やっぱり素敵なお友達とか仲間とか趣味とかに囲まれてるなぁって思いました。
カラオケも毎週とはうらやましい!
最近は一緒に行ってくれる人もいません…泣。

本題→今週末、暖かくしてお気をつけていらして下さいね♪
あ、そうそう、サングラス壊れちゃったんですね…。
じゃあ、今度はすぐに見つけられそうですね、なんて。

>クロネコさん

意図せず指とまはいいメンバーが集まってますよね。
私もとても居心地がいいですw

>ポチ子さん

V系はその影響だったんだ!?
てっきりそこはもともとだと思ってました。

そして本人の前ではとか書いてるけど
その本人もここにいる件について(笑)


そう、ポチ子さんとあささんとの関係はまさしくこの日記でいわんとしてることですよ。
軽口がイヤミにならない関係。
それって何気なく素晴らしいことだと思うんです。

そういう人の手は、絶対離さないでくださいねw
離そうと思っても、きっと縋ってきてくれるでしょうから。

>ツルさん

いえいえ、私も頻繁に書きこんでなくて申し訳ないです(汗)
でも楽しく読ませて(以下略)

って、見たりはわかるんですが、聴いたりもですか!?
好きなアーティストに別のアーティストの曲を聞かせるとは私もとんだ不届き者ですね(苦笑)

でもどっちも好きなんです。
どちらもライブの後に話す機会が僅かながらあって
それを交わすたびに心が動くのは同じなんです。
どちらも自信持って「俺が好きなアーティストはこの人たちです」と言えます。

・・・言ってます(笑)

ツルさんとカラオケ行くと・・・
ほら、自分の力量が分かってしまうと言うか
多分みんな臆して観客になってしまうんで誘いづらいんですよ(笑)


友達は、、、
私は自分でこれと言って自慢できるものが思いつかないんですが
周りを見ればいつも誰かがいる、
とびきりマヌケなツラしたバカなヒトタチが
いつも私を笑顔にしてくれる、
たまに泣かせてくれる、
そしていつも楽しませてくれる、

唯一自分で胸張って威張れる宝物です。

誰にもあげたくないですww
欲しかったら仲間に入らない?って感じ。

私は友人にはほんと恵まれてますよ。
歳を重ねる毎に実感しています。

ツルさんも、きっとそういうことに気づける人だろうなとう印象がありますが。
だって、笑顔がキレイですもの。
人を幸せに出来る笑顔だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/14-fd377e34

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。