カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMITATION PINK

パキリ 音を立てて 君は行ってしまった
脆く 崩れていく 膝と、君の抜け殻
いつか こうなることは どこか 覚悟していた
ただ あまりに突然で 受け入れられなかったんだ

「大事なものはいつも壊れやすいもの」 それは 誰の言葉だったかな
あてどなくて 笑ってみたけれど・・・ぎこちなかったね

お気に入りの色彩をかき集めながら 君以上のものなんてありえない
そんなこと 自分で理解ってる
ともに過ごした時間を抱きかかえながら 僕は一人だけでここを発とう
決して見つかることのない――掛替えを求めて


次は 雨を避けた際に 指から零れた
手を伸ばす猶予もなく 壊れた音を聴いた
二度と、離したくない そう誓った矢先
ただ一度交わすことなく 既に…見るも無残。

「大事なものはいつも壊れやすいもの」それは誰の言葉だったかな
後悔だけは今もこの胸で 悲鳴をあげる

同じ場所を何度も探してしまう 何度でも…そこにあるはずもないのに 
そんなこと 自分で理解ってる
ともに過ごす時間さえもなかった 空しく手のひらに残るピンクの破片
消して 君と出合った過去を。 失くして 真実を。



お気に入りの色彩をかき集めながら 君以上のものなんてありえない
そんなこと 自分で理解ってる
同じ場所を何度も探してしまう 何度でも…そこにあるはずもないのに 
縋るように 何かの間違いだ、と

君と 次の君の殻を抱えて 三つ目の君を愛してみよう
お気に入りのピンクはやめた。 ――だって いなくなるでしょ…?



----------------------------------------

あ、サングラスがぶっこわれました報告です(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dearydiary.blog115.fc2.com/tb.php/12-67ed2dba

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。