カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Hide-αche

Author:Hide-αche
イラストを描いたり詩を作ったりして
空想の具現を生き甲斐とするものです。

根っからの音楽好きで
音楽がなければ消滅しますたぶん。

あ、地味に名前変わりました(20071111)

尚当ページではリンクを張る行為を禁止しております。
どうか理解の程を宜しくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線香花火

薄暗い夜道を照らすのは、一片の小さな灯火。

ささやかな光源だったけど、闇を侵す輝きはそれだけだったから
線香花火の火花は私の目を惹くには充分な存在だった。


- 私は空と同じ思いで、この心に水をあげる -

醜いものを吸収しすぎて灰色にくすんだこの体でも
感情を動かす情報を配合すると、意図せず湧き出る液体がある。

濁りきった体から吐き出された水は、
果たして、澄んだ色を見せてくれるのだろうか。


このとき、植物というものは尊大なのだと気付かされる。

種類によっては泥水の中でさえ生息できるその生物は
つまり養分を吸い上げる過程で、
なにかしら汚染を浄化する作用をしているということになる。

どう濾過されているのかはよく知らない。
ただ、それが彼らの生命に活かされているということは明確である。

- 私は空と同じ思いで、この心に水をあげる -

空は星が瞬くこともなく、都会の明かりによって
むやみに照らされた、雲という腹部をさらすだけ。

雨を降らすのは、この人の手に塗り潰された灰色の塊だ。
地上に降りては排水溝に除かれるだけの涙を
しかし花はそれを取りこぼさず、美しく咲き誇るための糧とする。

ときに唸りを上げるほどの怒りも、その悲しみも
スベテ受け止めて、自然は咲くのだ。

- 私は空と同じ思いで、この心に水をあげる -

きっと、私自身はあらゆる知識と経験で蝕まれようと
流れた涙はこの心を癒すだろう。

そして何度も求めるだろう。

心も花も、物理的衝撃の前にはかくも儚く壊れやすい。
だから・・・何度も求めるだろう。

泣くという行為は・・・だから心を癒してくれるのだろう。


薄暗い夜道を照らすのは、一片の小さな灯火。

ささやかな光源だったけど、闇を侵す輝きはそれだけだったから
線香花火の火花は私の目を惹くには充分な存在だった。


その線香花火を見て笑う少女を見た。
心もとない炎に照らされた笑顔が、そこに咲いているのを見つけた。


おちる おちる おちた。
ねぇ もっとみたい


彼女は短命の光を何度も求める。
彼女は短命の光を何度も何度も求める。
彼女は短命の光を何度も何度も求め続けた。


私はその少女の笑顔をもっと見たいと思った。

私が無くしたと思しき無垢な笑顔に――


私の心は水を得た。



スポンサーサイト
7/28 7/29 トウキョウモノクローム

一枚の銀幕が下がっている。
映し出されるのはモノクロの色調。モノクロな都会。
それが未知のステージと現実の間にはだかるように聳える壁。

永遠とも思える時間を切り裂くのはOP.actの「ENDLESS」
七年ぶりとなる永遠再始動の瞬間だ。
けして暴れる曲調じゃない、されど爆発するエネルギーは
あっという間にLOFTを侵食。
すでにこのイベントの大目玉を迎えた気分だ。

続いてthe bullet、allport diaryが、二日目は加えてLOGiC、零がステージを盛り上げてゆく。
どれも初ステージになのに、そのサウンドは心地良く身体に流れてくる。
それは媚びない音楽。ゆえに正直なリリック。
今後の活動に期待を抱くには充分すぎるパフォーマンスだった。

一部の熱狂的なオーディエンスが正面前衛に集結したと思いきや
今までとは明らかに異質な重圧なリフと存在感。
C4登場。

楽曲はthe FUZZのものだが、TOKIが唄えばそこにはすでにTOKIの楽曲。
俊介が歌うのとはまったく違う色なのに不思議と違和感を感じない。
これがボーカリストの天性と呼べばしっくり来る。
D≒SIREのLeave Meのカバーも披露。
どこまでこの男は軽快なのか。MCも冴えに冴えていた。
ラストの幸也書下ろしの曲でC4のサウンドを認識。
BaのREN、DrのTomoi、Gt.SHUNSUKE、Vo.TOKI。
個性の塊。四色融合してものすごい濃厚な魂だった。

二日間。当然ラストはKαin。

JILSの解散から約3ヶ月。
その期間を短いか長いかと感じるのはその人次第だが
幸也の二日目の発言から想像しうる行動を思うと
ものすごく短いような気がする。

「納得させる自信がある」

そういったあの日の言葉は嘘じゃなかった。
コレに限らず。幸也が言うことに嘘はない。
少しの矛盾さえも、それは純粋さであり無垢である証。
どこまでも不器用な、だからこそ慕う人も多い。

この日DEMOと称された楽曲たちはどれも実験段階という話だったけど
今までライブでは感じたことのないものばかりだった。
でもどこか幸也の味がする。
この感覚を私はなんていうのかは知らない。

「もう一度確かめてみたいんだ」

一曲目の歌詞を、JILSに重ねられずにはいられない。
それはファンの心理。エゴ。思い込み。
どれでもいい。これからも追いかけたい。
幸也の声を聞いていたい。生み出す音を感じていたい。
生み出す音を感じて痛い。

「何度目かの嘘をついたとき 君が悲しそうな目をした」
最後にまた君たちに媚を売ります、と前振られて最後の歌が始まる。
それはもう、新しい赤い花。
もう、幸也の掌の上でいい。好きだ。仕方ないよ。

「立ち止まる度 あの頃が愛しく思えた」
一日目はとくに何を話すでもなく演奏されていたが
二日目は中盤に長いMCがあった。
それだけで納得したとか安いことは言うつもりはないけど、
解散してから別に哀しい気持ちだけがあったわけじゃなかったので
私自身はコレを聴いて、もっと幸也に惹かれていく。

このままでいるわけにはいかなかった
JILSをそうさせるわけにはいかなかった

この言葉に視界は照明を溺れさせる。

大切ゆえに、という前提はもう懐古を許さない。
これからと、そしてこれまでの邂逅すべてに感謝を。
だって大好きだもん、みんな。
はにかんでいう幸也を誰が責められようか。

「何度でも何度でも 泣きじゃくる君を抱きしめて」

きっとファンの流す涙が、赤い花の養分だと知っている。
赤い花が咲くたびに涙は溢れる。
その循環が繰り返されるたびに、幸也の歌声と幸也を呼ぶ声は止まない。
だから枯れない。涸れない。嗄れない。

私はこれからも、幸也の音楽を聴いていたい。

kranze。
幸也の周りに集まる花たちがいつまでもキレイな円環を咲かせていますように。

夜の公演

人生はいつでも一方通行。
目指した先にだけ、未来は広がる。


夜の帳、肌寒い空気。
街灯だけじゃ物足りない暖かさを
タバコに点けた火で援護する。

憤りでくづもった感情を冷まそうと夜気が絡みつく。
抵抗して紫煙を吐き出し、真冬の公園との闘争を開始しよう。


いつもここにはタバコ一本分の幻想がある。

口元のタクトを振るえば
静寂を主旋律に、時折葉擦れの音が伴奏する。

それがいつも、感情が蒸した後のエンドロール。


ちりちりという音が聞こえる程静まった空間は酷く寛容だ。
感情が溢れるのを抑え切れない自分をも黙して受け入れてくれる。

憤りでくぐもった感情を冷まそうと、夜気が絡みつく。
殺到する支援を受け入れ、真冬の公園への逃走を開始しよう。


人生はいつでも一方通行。
消化してゆく日々は、焼け落ちて足元に積もる灰の様。

どんな経緯を辿っても、それを覆すことはなく、
ただ先に待っている終わりへと、煙を上げて進んでゆくのだ。

それは時として協奏曲。
同じ思考を持つものと、傷を舐めあうための応援歌。

それは時として奏鳴曲。
同じ嗜好を持つものと、季節の叙情に甘える恋歌。

それは時として狂詩曲。
同じ施行を持つものと、身体を重ねるための流行歌。

それは時として交響曲。
同じ志向をもつものと、涙の棄て場所を求める哀歌。

それは時として小夜曲。
同じ指向をもつものと、生きた証を建てる譚歌。


すべては人生を彩る組曲。
口元のタクトを振るえば
静寂を主旋律に、時折葉擦れの音が伴奏する。

人生はいつでも一方通行。
音楽が流れるように、時間の流れは早送りも巻き戻しもない、
そのままのテンポが一番心地いい。

マイペースなのが一番、心地いい。


いつもここにはタバコ一本分の幻想がある。
焼け落ちて短くなった吸殻を排水溝へ投げ込んだ。

今日の苛立ちも一緒に投げ込んだ。

仄かに残るメンソールの味は少ししょっぱくて、
私はまた一つ、傷跡だけを持ち帰る。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。